ソフトボール部
日々の活動の記録です

ソフトボール部日誌

インターハイ県予選を戦いました。

 6月11日、熊谷荒川緑地ソフトボール場において、学校総体兼全国高校総体(インターハイ)埼玉県予選1日目が行われました。3年生にとっては高校生活最後の公式戦です。本校は1回戦で「浦和学院高校」と対戦しました。

 

 2回、相手に1点の先制を許しましたが、すぐに4点を取り返し、本校優位に試合を進めました。投手もよく投げ、野手も粘り強く守り、相手の攻撃をかわしながら得点を狙いましたが、なかなか追加点が奪えません。試合後半、相手の連打から同点に追いつかれると、その後も失点を重ね、結局4対8で敗れてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 試合には敗れましたが、投手も野手も持てる力を十分発揮し、大きなミスもなく、緊張感のあるいい試合でした。部員たちは団結して戦い、保護者の皆様の温かい応援もいただき、3年生にとっては最後にふさわしい試合となりました。8名しかいない部員を助っ人として助けてくれた「1年生」にも、本当に感謝しています。ありがとう。

 

 

 

   最後に、3年間、日々の部活動や練習試合の送迎などで、ご支援いただいた保護者の皆様、本当にありがとうございました。練習試合や合同練習の相手をしてくださった学校の顧問の先生方・部員のみなさん、本当にありがとうございました。ユニフォームを大会に間に合わせてくださったスポーツ店のみなさんや、さまざまな面で支えてくださった学校関係者のみなさん、本当にありがとうございました。

 そして何より、3年生部員のみんな、楽しい部活動を本当にありがとう。

関東大会県予選を戦いました

 5月6日・7日・8日の3日間、熊谷荒川緑地ソフトボール場において、「関東高等学校ソフトボール大会埼玉県予選」がおこなわれました。本校は1日目の6日に1回戦を戦いました。

  1回戦  対「越谷西高校」   1対11×(4回コールド)

  

 先攻の本校は、1回表1点を先制し、上々の滑り出しを見せました。しかし、地力に勝る相手校に逆転を許すと、その後も小刻みに失点を重ね、結果的に完敗でした。

 

 選手たちは大敗にも気持ちを切らさず最後まで健闘しましたが、走攻守すべてにおいてレベルアップの必要性を痛感させられました。

 

 

 

 

 次は、3年生最後のインターハイ予選です。悔いのないよう精一杯練習に励もうと思います。  

保護者の皆様、応援ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

県大会出場へ! 学校総合体育大会兼全国高等学校総合体育大会ソフトボ-ル競技北部支部予選会

 4月23日(土)熊谷荒川緑地ソフトボール場でおこなわれた、「関東大会県予選」の県北部支部予選に出場しました。新顧問、新入部員を迎え、新たな「熊商ソフトボール部」のスタートです。

 

 初戦
  対「熊谷女子高校」  0対10

強豪校の胸を借り、力いっぱいぶつかりましたが、残念ながら力及ばず、敗戦となりました。

 

 2戦目
   対「北部合同(小川高校・桶川高校・秩父農工科学高校)」  11対1

部員一同奮闘し、見事勝利することができました。

 

 その結果、5月6日(金)から行われる「関東大会県予選」(県大会)への出場が決定しました。応援してくださった保護者の皆様・関係者の皆様ありがとうございました。県大会での勝利に向けて頑張ります。