熊商生の活躍や行事・出来事

平和教育講演会

12月20日(月)晴れ

長崎被爆体験語り部の加藤高明様より「長崎原爆被爆 76年間生き続ける被爆者の証言」という演題よりご講演頂きました。

自ら体験した原爆の恐ろしさをイラストを利用してお話しいただき、生徒もより深く原爆の脅威を学ぶことができました。その中でも爆風の恐ろしさは私たちの想像以上の怖さであることや臨時救護所で見た悲惨な光景は今でも鮮明に覚えていらっしゃるそうです。

なぜ自分が生き延びれたのか・・・現在の生活状況と照らし合わせながら自らの命を守るにはどうしたらよいか等のお話もありました。

被爆体験者も高齢化し、体験を語る人たちが減少していく中で、若い世代の人たちへ

「核について議論を重ね、平和を追求し、原爆をなくす声をあげ続けてほしい。」というメッセージがありました。

お忙しい中、また、当時の大変辛いご経験等をお話くださりありがとうございました。

タグ 平和教育