熊商生の活躍や行事・出来事

熊商文化部作品展 案内


地元熊谷とともに歩む"熊商"です

                                     埼玉県立熊谷商業高等学校長 中村 篤

 




 「熊谷商業高校文化部作品展」に御来場くださいましてありがとうございます。

 本校は大正9(1920)年に、本県で初めての公立(熊谷町立)の商業学校として創立されました。その後工業科を併設し、長らく「熊谷商工」の名で親しまれましたが、昭和32(1957)年の県立移管、昭和41(1966)年の商工分離を経て、現在の校名「埼玉県立熊谷商業高等学校」となりました。創立から数えて96年目を迎える伝統校です。

 昭和の初期には熊谷高校や熊谷農業高校と並んで、今の大原中学校の場所に校地校舎がありましたが、昭和22(1947)年に広瀬の現在地へ移転しました。

 熊商と言えば、春夏合わせて6回の甲子園出場を誇る野球部を筆頭に、運動部活動が盛んなことで知られています。今年度も陸上競技部が関東大会、インターハイ及び国民体育大会に出場、柔道部も関東大会に男女とも団体で出場するなどの活躍が見られました。

 一方、文化部も実はとても活躍しています。商業高校ならではの簿記部、ワープロ部、ソフトウェア部は県内で圧倒的な実績を持ち、毎年全国大会に出場しています。今年度は写真部も関東大会や全国大会に出場しました。

 また、吹奏楽部やバトン部は熊谷会館で開催した定期演奏会のほか、地域のイベント等で演奏・演技を数多く披露してきました。写真部も「あついぞ!熊谷うちわ祭写真コンクール」に参加するなど、地域との絆を大切にしながら活動しています。

 今回の文化部作品展も、こうした地域連携の中から生まれた企画です。初の試みですから行き届かぬ点も多々あると存じますが、本校美術部、書道部、写真部の生徒の力作を御高覧いただけたら幸いです。

 くまがや館並びに大和屋株式会社の皆様には、日頃から一方ならぬ御支援を賜っておりますが、今回このようなすばらしい会場を御提供いただきましたことに、改めて厚く御礼申し上げます。

 今後も、教職員と生徒が一体となって、地域の皆様に愛される学校づくりを進めてまいります。応援よろしくお願いいたします。

 

 ・入場は無料です。
 ・会場には駐輪場と駐車場(1時間100円)があります。
 ・受付担当  美術部:14日(土)10:00~12:00
               15日(日)14:30~17:00
          書道部:14日(土)12:00~17:00
          写真部:15日(日)10:00~14:30 ※いずれも予定
 ・スライドショー(随時上映) ①予餞会思い出のアルバム(12分)
                  ②吹奏楽部定期演奏会抜粋(8分)
                  ③熊商文化部紹介映像
                   (演劇部・茶道部・ワープロ部・ソフトウエア部:約10分)

  近隣の中学生や保護者の方々、熊商のOB&OGの方々、美術・書道・写真の愛好家の方々など、お気軽にお立ち寄りください。
  また、活動の励みになりますので、アンケートにもご協力いただけるように、併せてお願いいたします。
                                   

 熊谷商業高校文化部作品展実行委員長 杉田有紀
三部活動顧問代表 野口昌俊