日々の活動の記録です

簿記部日誌

花丸 新年度のスタート

4月13日 今日は部活を少し早めに終わりにして学校の近くの荒川土手の桜並木を歩いてきました。今年は例年より遅い桜の開花だつたので、4月になってからお花見ができました。さすがに少し桜が舞っていましたが、花曇りのなか、簿記部員の将来にも満開の花が咲くように、祈って土手を歩きました。

日商簿記1級講座

 3月11日に大原学園の先生を講師に迎え、日商1級講座を開き、簿記部の2年生2名が参加しました。
 日商1級講座は冬休みに続いて2回目となります。
 今回の講義内容は、「金利スワップ」「圧縮記帳の積立方式」「合併の段階取得と合併比率」で、放課後の1時前から4時間近く集中して講義を受講しました。

昼 簿記部 部員全員で初詣 今年の活躍を祈願

令和6年の幕開けに際し、毎年恒例の簿記部員全員での初詣に学校近くの赤城久伊豆神社へ行ってきました。

昨年はビジネス計算競技大会の県予選で念願の団体優勝を果たし、全国大会への出場権を手にすることができました。全国大会出場は3年連続になりますが、団体での出場は実に10年ぶりになります。各種検定でも高い実績を挙げ、3年生の進路も希望どおり実現するなど、素晴らしい1年となりました。

今年も簿記部員の無病息災と努力の成果が発揮できることを祈念いたしました。

日商簿記1級講座 2日目

12月18日(月)に続き、専門学校(大原学園)の先生による日商簿記1級講座をおこないました。
18日は午後からの3時間でしたが、本日は9時~4時まで集中的に「為替会計」の内容を講義していただきました。
高度な内容でしたが、専門の先生による少人数での講義に理解度も高まったようです。

 

鉛筆 専門学校講師による日商1級特別講義

 日商簿記1級の学習を進めている簿記部2年生2名に対して、大原ビジネス公務員専門学校高崎校の先生を講師に迎え、特別講座を実施しました。
 2名は夏休みからWEB講座で日商1級の学習を進めており、今回は「退職給付会計」「圧縮記帳」「キャッシュフロー見積法」「為替会計」といった理解しづらい内容を12月18日と26日の2日間にわたって専門学校の先生に講義をしていただく予定です。
 生徒達は「すごく分かり易く、直接説明をしてもらえることはすごくうれしい」と専門学校の先生に感謝をしていました。