日々の活動の記録です

硬式テニス部日誌

テニス新人大会北部地区予選結果

9月9日(金曜)、10日(土曜)に新人大会地区予選が熊谷さくら運動公園で行われました。この大会から、保護者の応援も可能になり、負けた選手もすぐに会場を出るという規制もなく実施されました。まだ感染対策はしっかりしていますが、かなりコロナ前のような雰囲気の中で大会ができました。

熊商からは8月の1次予選を勝ち抜いた茨田と綿貫が出場しました。

シングルスでは茨田が初戦を落としましたが、2回戦から4勝し、17位となり県大会への出場を決めました。綿貫は右手首のけがもあり、初戦を落とし、2回戦からは次の日のダブルスに専念するため欠場しました。

ダブルスは初戦の深谷第一、惜しくも3-6で負けてしまいましたが、2回戦の成徳深谷、3回戦の熊谷西、4回戦の本庄に勝利し、9位となり県大会への出場を決めました。

10月の県大会でも力を出し切って戦えるように準備をしていきたいと思います。

練習相手になってくれたり、応援メールをくれたりした3年生、ありがとうございました。

北部地区新人大会1次予選結果

今年の梅雨明けは例年より早く、連日猛暑日が続いて屋外スポーツとしては過酷な状況でした晴れ

そんな中、目標に向け日々頑張ってきた成果を試す、新人大会の1次予選が8月16・17日に行われました。

16日は東松山運動公園でダブルスを行い、茨田・綿貫ペアが接戦をものにし、ブロック1位通過できました!

綿貫が手首のけがで、テーピングをしての出場だったため、力を出し切れるか心配でしたが気力で乗り切りました。

17日は熊谷さくら運動公園と仙元山公園でシングルスが行われ、茨田ブロック1位通過、綿貫2位通過でした!

9月の2次予選で勝って、県大会に出場できるようまた頑張っていきたいと思います。

 

深谷市民テニス大会(女子シングルス)

5月29日(日)、深谷市仙元山公園テニスコートで実施されたシングルス大会に出場してきました。カテゴリーは女子Bで近隣の高校生や、一般の方々も参加する大会です。この大会で3年生は引退となるので、みんな楽しみながら頑張りました。

結果、雨宮優勝野田準優勝由利3位という最高の結果で終わることができましたお祝い

暑い中大会を運営してくださった深谷市テニス協会の皆さん、ありがとうございました。

 

関東大会埼玉県予選(団体)結果

 5月14日(土)東松山市岩鼻運動公園において、関東大会埼玉県予選(団体)が実施されました。

熊谷商業は1回戦は西部地区の川越南高校と対戦しました。

 ダブルスの雨宮・由利ペアは、序盤相手にリードされましたが、ミスをしない我慢のテニスで中盤に追いつき、接戦をものにし勝ち切ることができました。個人戦では組んだことがないペアでよく頑張ってくれました。

 シングルス1の岡田は、体調が万全ではありませんでしたが、相手のミスを誘い3-0とリードしました。しかし中盤追いつかれ苦しい展開となりましたが、最後は気合でボールを拾い続けた岡田が勝利しました。

 シングルス2の野田は、相手の正確なショットに苦しみましたが、持ち前の守備力とスライスなどで対抗し、終盤までもつれる展開でしたが、負けてしまいました。結果2-1で熊商は2回戦進出となりました。

 2回戦は久喜北陽との対戦でした。ダブルスは勝つことができて、シングルス勝負となりました。シングルス1の相手は県大会でも勝っている選手で、やはり強かったです。シングルス2は序盤4-1とリードされましたが、そこから野田の粘りにより、4オールに追いつきました。最後は相手に押し切られる形で4-6でした。

 3年生4人がこの大会のためにしっかり準備し、試合では持っている力を出し切ろうと、気持ちを一つにし頑張った大会でした。敗戦後も涙はなかったことがやり切った証拠だと思います。しっかり後輩にメッセージを残してくれました。お疲れさまでした。

 

学総埼玉県予選&熊谷市総合体育大会

4月30日と5月1日に大宮第二公園庭球場で実施された埼玉県大会の報告です。

シングルス、ダブルスとも、いま自分たちが持っている力は出したのですが、負けてしまいました。

対戦相手がシード選手で、想像以上に強かったです。そして何より楽しかったです。

しかし、この試合は必ず団体戦に生かせるいい経験だったと思います。

 

また、5月8日には熊谷市総合体育大会に熊谷商業高校チームとして参加させていただきました。

大人に混じって試合をすることで、高校生との対戦では得られない経験ができました。

いつもの大会とは違った雰囲気の中、楽しく試合をさせていただいた

対戦チームの方々に感謝いたします。