熊商生の活躍や行事・出来事

カテゴリ:学校行事

1学期終業式が行われました

令和2年7月31日に1学期の終業式が行われました。

 体育館の床工事のため、放送室から全校生徒に向けて校長先生が話をされました。「プライドを持って、自分の人生を切り開こう。」とメッセージを送りました。

 その後、生徒指導主任の夏休みの過ごし方の話がありました。「想像力を働かせて、熊商生らしい行動をしよう。」と訴えられました。

 夏休みは8月23日までです。この期間、部活動や就職活動に全力で取り組んでください。

校長先生生徒指導主任

 

 

 

 

 

  校長先生の講話           生徒指導主任の講話

           

 

ご報告

6月10日(水)

分散登校が始まり、1年生は課題テスト 2年生は授業 3年生は進路ガイダンスや職業適性検査等に日々取り組んでいます

このたび、本校の生徒に対し安全に授業に取り組めるようフェイスシールドとマスクのご寄付をいただきました

ありがとうございました

 

 

1学期始業式(1学年)

6月3日(水)

分散登校のため1年生のみで1学期の始業式を行いました

創立101年目を迎えた本校は、今年度より”総合ビジネス科”をスタートさせ、1年生はまさに新学科1期生となります

新たなスタートとして女子の制服を一新しました

校長先生より「大人(成人)になるために今から準備をしていこう」「今やることやるべきことを後回しにしないで、今を大切に生活していこう」というお話がありました

 

1学期始業式(2学年)

6月2日(火)

分散登校のため2年生のみで1学期始業式を行いました

校長先生から「今やるべきことを考えて行動しよう」「今を大切に生きよう」というお話がありました

 

1学期始業式(3学年)

6月1日(月)

分散登校のため3年生のみで1学期の始業式を行いました

皆さんが元気に新学期を迎えられたことをうれしく思います

例年にないスタートとなりましたが、どんな時も前向きに「今を大切に生きよう」と校長先生からお話がありました

また、学校長より保護者様あてに「学校再開に関するおしらせ」を配布させていただきました

お子様が帰宅した際お声掛けいただき、内容をご確認ください

 

 

令和2年度 入学式

令和2年4月8日(水)

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため入学生と教職員のみの参加となりました
 200名の入学生は担任から呼名されると、元気に返事をし、校長先生から入学を許可されました

 これで今日から熊谷商業高等学校の生徒として高校生活がスタートします
 臨時休業中も熊商生としての自覚をもって行動してください

 ”入学おめでとうございます”

 

 

第64回卒業証書授与式

3月11日(水) 
 第64回卒業証書授与式を挙行することができました。
新型コロナウィルス感染拡大防止の影響で卒業生と教職員のみの参加となりましたが、231名の生徒が本日卒業しました。

熊谷商業高校で経験した様々なことを糧にそれぞれの進路先でも活躍することを祈っております。

ご卒業おめでとうございます。

 

 卒業式  卒業式
 卒業式  卒業式

ビジネスマナーメイク講座

令和2年2月13日(木)

 埼玉県理容美容専門学校の中川 一江先生をお招きして、3年生女子就職者対象のメイク講座を開催しました。

 ビジネスマナーにそった化粧とは何かをしっかり学ぶことができました。

3学期始業式

1月8日(水)

3学期始業式を行いました

校長先生より・・・

 スターバックスのストローがプラスチック製から紙製へ変わったきっかけは、「ある高校生が、海洋汚染が深刻化するなかで、大企業であるスターバックスに改善の要望を出したことから始まった。これがきっかけとなり大企業を動かし、そして現在世界中でプラスチックゴミ問題の対策が講じられている・・・そのきっかけを作ったのはみんなと同じ高校生である」とお話がありました

また、主体性を持つことや当事者意識を持つことの大切さなど、そのために何をすれば良いか考えていこうとお話がありました

生徒指導部長からは、次のようなお話がありました

①胸を張って生活を送れるように心がけよう
②仲間の良いところを見つけよう  

1年の締めくくりの学期です
年度当初に話したこと(挨拶・服装・8時30分登校・駐輪場のマナー)をもう一度確認し、良い形で終わりにできるようにしようとお話がありました

校長先生の講話生徒指導部長の講話

 

2学期終業式

12月24日(火)

 平成から令和へ・・・

今学期を振り返ると・・・
 久しぶりの国立大合格、高度な資格取得、全国大会や関東大会へ出場したたくさんの部活動、ワールドカップにて演技を披露したバトン部等・・実りの多い学期となりました

校長先生から・・・
 ”全力を出しきることの意味”についてお話がありました
全力を出しきると10の力が10.1へ、10.1から10.2へ
全力を出しきることは、成長・進歩するために必要なことだとお話がありました

生徒指導部長から・・・
 働くことの意義についての話を通して、学校は知識や技術、物事に対する考え方等を身につけるところであり、
”学校は学びの場所”であることを再認識するようお話がありました

 また、3年生は残り少ない学校生活を「どういうことを身につけて社会に出て行くべきか」この冬休みに考えて行動してほしいとお話しがありました

 来学期に向けて・・・

 ・主体的に行動できる人間になれるように!!
 ・節目を利用して新たな気持ちでスタートできるように!!新学期を迎えましょう