弓道部
       
       
      部活動紹介・活動内容
     

弓道部は、日本古来の武道である弓道を学んでいます。
体配・射法八節という動作の決まり事にしたがって、28メートル先にある36センチの的を狙うとても繊細なスポーツです。
夏の猛暑や冬の凍るような寒さの中での稽古はつらく感じる時もありますが、自分の放った矢が的を射抜いた時に味わう快感は言葉では言い表せません。
3年生が引退し、2年生男子1名・女子9名、4月には1年生男子8名・女子4名が入部しました。
熊商運動部の中でも規模の大きい部になっていますが、全員が高校に入学してから弓道を始めています。
昨年11月に直近の昇段審査が行われ、初段7名(壱級1名)になっています。コロナの影響でいつになるかわかりませんが、次回の昇段審査では1年生が初段、2年生の希望者が弐段を受審します。
そのために、最近は体配という入場からの立ち居振る舞いを力を入れて取り組んでいます。
年に4回ある昇段審査での段位取得や県大会での上位入賞を目標として日々の稽古に励んでいます。
(活動は、平日は16:30~18:00、土日祝日は基本的には休み)

弓道部・部活動日誌

       
      メッセージ    
     

弓道に少しでも興味を持った方は、情報処理棟西側にある弓道場で活動していますので、ぜひ見学に来てください。
本校の弓道場は6人立ちで、近隣の高校の弓道部と比べても充実した施設です。昇段審査前など、不定期ですが熊谷さくら運動公園内の弓道場でも稽古を行うことがあります。
弓道経験者の顧問の先生と外部コーチで、本校OBでもある熊谷市弓道連盟会長の手嶋照晃教士六段の指導の下で活動しています。
弓道部のOBには松沢範士八段(埼玉県弓道連盟名誉会長)も名を連ね、とても伝統ある部です。

       
      これまでの実績    
     
令和元年度

関東大会県予選一次予選敗退(男子、女子)
学校総合体育大会(インターハイ県予選)
女子団体 一次予選敗退(20射5中)
男子団体 一次予選敗退(20射6中)

平成30年度 新人大会2次予選進出 (女子団体戦)
県北支部弓道大会 3位 大澤碧空
平成29年度 学校総合体育大会(インターハイ県予選)
女子個人 二次予選(女子)進出
平成28年度 関東大会県予選 男子 二次予選進出(24射13中)
女子 二次予選進出(24射8中)
学校総合体育大会(インターハイ県予選)男子個人 宮本 駿 二次予選進出(8射5中)
女子団体 一次予選敗退(20射5中)
男子団体 一次予選敗退(20射5中)
関東個人選抜県予選 女子 二次予選進出 2名、男子 二次予選進出 1名
県北支部弓道大会 5位 代島優斗
新人大会 男子 一次予選敗退、女子 Aチーム 二次予選進出
全国選抜県予選 男子 一次予選敗退、女子 一次予選敗退