学校説明会のご案内

 第1回学校説明会(部活体験)部活動一覧へ

 実  施  日:7月21日(水) 9:00開始(受付:8:30~)

 内  容:学校概要説明・部活動体験 

 会  場:本校 

 申込期間:6月22日(火) ~7月14日(水)

    【申込フォームへ】

 北部地区県立高校進学フェア

  (完全予約制の個別相談リーフレット

 実  施  日:7月24(土)・25日(日)

 会  場:熊谷西高校  ※ 詳しくはこちらをクリック

 予約受付:7月3日(土) 12:00~(人数制限有り)

     受 付 期 間 前 

「総合ビジネス科」は最先端の商業科です

熊谷商業高等学校は令和2年度入学生から学科名を、商業の専門学科「総合ビジネス科」に変更、学習内容も刷新しました。

  • 学科の紹介は【こちら】から
  • 総合ビジネス科の「学習」や「進路」に関するリーフレットは【こちら】をダウンロードしてください。
新着情報
熊商生の活躍や行事・出来事

熊商ダイアリー

学校 本日は「ふれあいデー」です。

本日は「ふれあいデー」です。

埼玉県の公立学校では「ふれあいデー」を毎月定めています。「ふれあいデー」とは、教職員の働き方を見直すため定時退勤を推奨する日です。このため、教職員には定時退勤(午後5時)を働きかけてまいります。
皆様の御理解と御協力をお願いします。

ノート・レポート 学校訪問がありました。

6月17日午前、埼玉県教育委員会の委員3名(後藤素彦 委員<教育長職務代理者>、石川美津夫 委員、戸所邦弘 委員)のよる学校訪問がありました。

授業に臨む生徒の様子、施設の状況、また学科転換2年目の「総合ビジネス科」に関することなど、多岐にわたり熊谷商業高等学校の現状について知って頂くことが出来ました。

【校内視察(授業見学の様子)】

お忙しい中、ご来校いただいた委員の皆様、ありがとうございました。

! 目指せ!新・社会人!!

6月15日の放課後、3年生就職希望者を対象に校長による面接指導がありました。校長から生徒に「目標や熱意を持って就職試験に臨むことが大切」等の話がありました。

熊谷商業高校は昨年度就職内定率100%を早期に達成、1年生からのさまざまな積み重ねが大きな成果を挙げています。

熊谷商業高校は「生徒の未来を拓く商業高校」です。

にっこり 性教育講演会(3年生)

6/9(水)に3年生対象の性教育講演会を実施しました。

講師は先週、2年生を対象に講演していただいた、さくらい助産院・助産師/思春期保健相談士の櫻井裕子先生に再び来校していただき【『ココロとカラダ、性と生』~高校生のみなさんへ助産師から伝えたいメッセージ~】という演題で講演をしていただきました。

この講演をとおして、生徒ひとりひとりが自分自身を理解し、さらに周囲への思いやりに繋がっていくと確信しています。

暑さ厳しい中でご講演いただいた櫻井先生、ありがとうございました。

学校 校長による面接指導

熊谷商業高校は【生徒の進路を実現する商業高校】です。

本日6/4(金)、3年生全員を対象に「校長による面接指導」を実施しました。就職、進学を問わず進路決定に向けて「面接」が課される場面があります。個々の面接指導に先駆けて、全体での面接に関する概要や意義などについて説明がありました。

校長からの熱い指導は3年生の皆さんに伝わったでしょうか。個々の目標を明確にし、それを言葉にすることが大切です。ぜひ、今後の進路実現に生かしてください。

埼玉県立熊谷商業高等学校ホームページ・サイトポリシー

埼玉県立熊谷商業高等学校ホームページ(以下「本ホームページ」という。)は、埼玉県立熊谷商業高等学校が運営しています。以下の条件に同意の上、ご利用ください。

1 著作権について

(1)本ホームページにおけるすべての著作権は埼玉県立熊谷商業高等学校に帰属します。

(2)私的使用など著作権法上認められた場合を除き、本ホームページの内容を無断で転載・引用することは禁止します。

2 個人情報の取り扱いについて

(1)本ホームページを通じて個人情報(住所・氏名・電話番号・E-mailアドレス等、特定の個人を識別できる情報)を収集するときには、収集の目的を明確にし、その目的に必要な範囲の情報を収集します。

(2)収集した個人情報は、「埼玉県個人情報保護条例」に基づき、適正に管理します。また、当該の目的以外では使用しません。

3 免責事項

(1)本ホームページに掲載されている情報の正確さには万全を期していますが、埼玉県立熊谷商業高等学校は利用者が本ホームページの情報を用いて行う一切の行為について、一切の責任を負わないものとします。

(2)埼玉県立熊谷商業高等学校は、利用者が本ホームページを利用したことにより発生した利用者の損害及び利用者が第三者に与えた損害については、一切の責任を負わないものとします。